5月22日に行われた未来メディアカフェVol.17にて、ファクトリエ代表の山田敏夫さんのお話をグラフィックレコーディングさせていただきました。

初めての出張グラレコ

こちらが当日制作させていただいたグラレコです。

イノベーションチームdotグラレコ部のメンバーとしての参加で、ふたりの仲間と一緒にチームグラレコをしました。

実はこの時が、私たちが初めてのグラレコの機会をいただいた場だったのです。
(仲間内のミーティングなどではやったことがありましたが)

今回のスピーカーはファクトリエ(ライフスタイルアクセント株式会社)代表の山田敏夫さん。
SDGsのひとつである『つくる責任 つかう責任』をテーマにお話しくださいました。

 

未来メディアカフェとは

朝日新聞社様が開催しているイベントです。

朝日新聞社が主催し、その分野の第一人者と専門記者、一般参加者が一緒になって、様々なテーマで課題に向き合い、解決策や発展のアイデアを出すイベント。2014年11月から始まり、今回は「〈山の日〉を語ろう!」をテーマに、信州大学、松本県ケ丘高校、大町岳陽高校の山岳部員やワンゲル部員計53人が、課題に取り組んだ。
(2016-12-17 朝日新聞 朝刊 長野東北信・1地方)

出典:コトバンク

今回以外には『“落語”で考える 海の温暖化とマイクロプラスチックごみ問題』『LGBTカミングアウト 子どもにどう教える?』など、毎回興味深いテーマで開催されています。

こだわりの日本製品を扱うブランド『ファクトリエ』

「職人の情熱とこだわりがつまった語れる商品を適正価格で」を掲げるファッションブランド。
山田さんが代表であるライフスタイルアクセント株式会社が運営しています。

熊本市内の100年続く老舗婦人服店を営む両親をもつ山田さん。
幼いころからお店を手伝い、ずっと日本製の良質な製品にふれてきたとのこと。

パリへ留学し現地のグッチに勤務した経験から、「日本のものづくりから世界一流ブランドをつくる!」と決意しファクトリエを立ち上げたそうです。

何でもはじく真っ白なコットンパンツ!

ファクトリエさんの商品でいちばん私が印象に残ったのは、とある真っ白なパンツ。

参照元:ファクトリエ公式サイトより(https://factelier.com/products/detail.php?product_id=12544)

 

一本一本の糸に撥水加工が施してあるこだわりの商品。
雨もコーヒーも全てはじくその効果は半永久的なものだそう。

SDGsって何?という方へ

SDGsとは”Sustainable Development Goals”の略。
2015年の国連サミットで採択された、2030年までの目標のことです。

17個の目標にわかれています。
これらをひとつずつ解決することで持続可能な社会を目指そう、というものです。

国連広報センターのYouTubeチャンネルにわかりやすい動画があったのでご紹介しておきますね。
2分ほどで観れます。

これを読んでいるあなたは、どのゴールにいちばん興味を持ちますか?

今持っているお洋服を大事にするところからはじめよう

今回のイベントでは現在のアパレル業界や日本のものづくりの状況から
12番のゴールである「つくる責任 つかう責任」にフォーカスしてお話をいただきました。

国連、2030年までのアジェンダ、持続可能な社会、などと聞くと
なんとなく難しくて遠いものである気になってしまうかもしれません。

ですが、小さいことから出来る範囲ですこしずつ考えていくことはできる。

たとえば、今持っている目の前の1着を大切にすること。
お店で服をレジに持っていく前にクローゼットの中身を思い出すこと。
古びた服をゴミ袋ではなくリサイクルボックスへ入れること。

ものの買い方・使い方を考えることは服だけでなく、食料品や生活用品などすべての”モノ”にもいえることだと思いました。

グラレコを記事に取り上げていただきました

誠にありがたいことに、こちらの記事でグラレコについても取り上げていただきました。

記事内ではライターの方が山田さんのお話も記述してくださっています。
ぜひそちらもご覧ください。

https://miraimedia.asahi.com/factelier/

コメントを残す